• ホーム
  • ピルの通販が違法じゃないシステムとは

ピルの通販が違法じゃないシステムとは

ピルは、日本国内でも複数の製品が厚生労働省から承認されているため、婦人科がある病院で医師に処方せんをつくってもらえば薬局で手に入れることができます。
大抵の人はこの方法でピルを手に入れていますが、ピルの入手方法はこの他にもあります。
それが医薬品の通販サイトで注文をする方法です。

今日ではたくさんの業者が医薬品の通販サイトを運営していますが、各サイトが取り扱っている商品の中には、日本では販売されていない製品も多く含まれています。
ここで、法律に関してある程度知識がある人であれば、このような通販サイトは違法ではないのかと疑いを持つでしょうが、現時点では違法であると断言することはできません。
その理由は、通販サイトのシステムにあります。

日本では薬機法をはじめとする法律の規定により、医薬品や医療機器を自らつくる場合は製造業許可が必要になります。
つくった製品を市場に流通させたり、外国でつくられた製品を輸入して販売したい場合は製造販売業許可を取得する必要があります。
ところが、医薬品の通販サイトはこれらの許可を取得せずに運営されています。
たとえインターネット上で営業されていたとしても、無許可で他人に医薬品を販売するのは違法行為にあたるはずです。
しかし、通販サイトの運営業者は顧客からの依頼に基づいて医薬品の個人輸入を代行していると立場をとって違法性を回避しています。

実は、現在の薬機法などの法律には、他人から委任されて医薬品を個人輸入する行為を取り締まる条文が存在しません。
そのため、個人輸入代行業として医薬品を取り扱うサイトを運営すれば、広告規制をはじめとする法律に基づく様々な規制をクリアしていれば基本的には違法と指摘されることは無いです。
個人使用以外の目的での利用を認めない旨の文章が利用規約に記載していたり、複数個をまとめ買いをした場合に2回以上に分けて輸入する措置がとられる場合があるのも、個人輸入であるという体を守るためです。

個人輸入で買った薬の副作用で病院に行くのはあり?

そんなピルですが、基本的に通販による個人輸入は違法ではないため、病院での処方の方が保証もあるのでより安全ですが、通販の方が手軽で簡単に購入できるとして利用している人も存在しています。
しかしいくら違法利用ではないとはいえ、保証がないところには、やはりそれなりのリスクも潜んでいます。

まず海外製はパッケージなどが日本語表記ではありません。
使用方法などについてはほぼ英字なので、理解しにくい部分があります。
それによって誤った使用を実施してしまい、副作用が出る可能性もあります。

そもそもピルはホルモン剤なのでホルモンバランスを急激に変化させるシステムにより、正しい使用方法を実施していても副作用が出るケースがあります。
症状には頭痛や吐き気、体重増加や乳房のはりなどで、倦怠感やうつの症状が出たりもします。
もっとも大抵の副作用は使用を続けるうちに緩和して消失していく傾向が強いですが、あまりに症状が強いといった場合は使用を停止し、たとえ個人輸入での購入でも、医療機関を受診しましょう。
なぜなら重い症状をそのまま放置してしまえば、もっと重症化する可能性があるためです。

利用にあたって、35歳以上もしくは一日15本以上の喫煙者や、高血圧またはがん患者などは、ピルの使用は控えるようにしましょう。
他にも妊婦や授乳中の場合なども危険ですし、強い片頭痛持ちやその他の重度の病気がある人などは、要注意です。
こういったケースに当てはまる人がピルを使用してしまうと静脈血栓症を発症するリスクが高まります。
該当する場合は個人輸入での使用は避け、どうしてもピルを使用したい場合は、医療機関を受診して医師と相談の上、使用するかどうかを判断するようにしてください。