• ホーム
  • トリキュラーの効果と服用方法を知ろう

トリキュラーの効果と服用方法を知ろう

トリキュラーは世界中で使用されている安全性の高い避妊薬です。
日本でも最もポピュラーな避妊薬の一つとして知られています。
トリキュラーには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つの女性ホルモンが含まれています。
女性の妊娠機能は女性ホルモンと密接な関わりがあります。
女性ホルモンをコントロールする事で、排卵の抑制や受精卵の着床阻止など様々な効果を得る事ができます。
トリキュラーを正しく服用すれば、確実に避妊する事が可能になります。

トリキュラーを服用する際の注意点は二つあり、生理一日目から飲み始める事と決められた順番通りに飲む事です。
トリキュラーには21と28のタイプがあり、21には一つのヒートに21錠が入っています。
これを指定された順番に服用していき、21番目の薬を飲んだら一週間のインターバルを挟みます。
28の場合はインターバルを挟まず、28日間飲み続けます。
21と28に効果の差はなく、また女性ホルモンの含有量も21と28で全く同じなので、身体にかかる負担も変わりません。

トリキュラーは毎日飲み続けないと効果を発揮しません。
一日程度の飲み忘れなら翌日に当日分と一緒に服用する事でカバーできますが、二日以上では間に合わず、再び生理一日目のタイミングを待つ必要があります。
服用を止めると本来の生理周期が回復し、数カ月程度で再び妊娠できるようになります。
トリキュラーは他の避妊薬と比べて女性ホルモンの含有量を避妊効果が出るギリギリまで下げている為、少ない副作用で済むメリットがあります。

トリキュラーはジェネリック医薬品として販売されており、極めて安価で購入する事ができます。
トリキュラーは他の医薬品と同様に医師の診察を受けて処方されるものですが、それだと入手コストが上昇してしまいます。
輸入代行などの通販サイトを利用する事で、安い値段のまま手に入れる事ができます。
売っているものは医療機関から処方されるものと変わらないので安全は保証されています。

トリキュラーを飲み忘れた!さてどう挽回する?

トリキュラーは順番通りに毎日飲み続ける事で、かなり高い避妊効果を得る事が出来ます。
お陰で、望まない形での妊娠を避ける事が出来るだけではありません。
服用を止める事で意図的に妊娠の準備に入ったり、生理周期を安定させるという効果を得る事が出来る点も魅力的です。
毎日一錠ずつ服用するだけで済むので、忙しい現代女性でも無理なく活用出来ます。

もっとも仕事やプライベートで忙しい現代女性は、うっかりトリキュラーを飲み忘れてしまうケースも十分にあるので注意が必要です。
毎日一錠ずつ飲み続けてこそ効果が得られるトリキュラーを飲み忘れたら不安に思うかもしれませんが、心配はいりません。
トリキュラーを販売している製薬メーカーが挽回する方法を提示していますので、その方法を紹介しましょう。

トリキュラーをうっかり飲み忘れた場合の対処法は、翌日に飲み忘れに気付いた段階で前日分を服用します。
その上で当日分のトリキュラーを更に服用すれば、特に問題はありません。
ただし二日以上連続で飲み忘れてしまった場合は、挽回は出来なくなります。
そういったケースでは一旦服用を中止し、次の月経を待ってから服用を開始しなければなりません。
服用を中止している間は、避妊効果が得られないので他の避妊法を用いる必要があるので注意が必要です。

服用を中止して再び再開する場合は、服用サイクルの一錠目から飲み始める事になります。
そのため再開する前に医療機関で処方して貰うか、海外の通販サイトで売っているトリキュラーを個人輸入するなどして手に入れなければなりません。
安い価格で入手するなら、海外の通販サイトの利用がおすすめです。
ただしトリキュラーで副作用が生じた場合は、服用を止めて出来るだけ早く病院に行って医師に相談する必要があります。