• ホーム
  • アフターピルってなに?低用量ピルとどう違う?

アフターピルってなに?低用量ピルとどう違う?

アフターピルは望まない妊娠を防ぐために使われる緊急用のピルです。
あくまでも緊急用のピルであるため常用するものではありません。
アフターピルは、避妊に失敗してから基本的に72時間以内に服用することによって避妊効果を得ることができます。
避妊に失敗してから何時間も経過してから服用すると、その効果を得られない可能性がありますが、72時間以内であれば避妊効果を得るのに間に合うと考えられているため、できるだけ早く服用することが大切です。
72時間以内に服用すれば避妊効果を得ることができますが、早ければ早いほど避妊に成功する可能性が高くなります。
避妊に失敗した後、できるだけ早くアフターピルを服用するようにすることが大切です。

アフターピルは、普通のピルとは異なり、性行為の前に決められた時間で定期的に服用するものではありません。
性行為の後に緊急で服用するものです。
アフターピルには多量の女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)が含まれています。
そのため、服用すると身体に自然に備わっているホルモンバランスを急激に変化させます。
身体への負担が大きくなるため定期的に服用するものではありません。

アフターピルは、病院で処方してもらうこともできますが、通販でも購入することができます。
通販で購入したほうが購入費用の負担は少なくなり、海外から個人輸入で購入できるので、日本では処方されていないアフターピルを手に入れられるので便利です。
通販では様々な種類のものが販売されているので、自分に合ったアフターピルを購入することができます。
病院処方の場合、避妊に失敗して病院に行って診察を受けないとアフターピルを手に入れることはできませんが、通販であればいつでも購入することができます。
事前に購入することができるので、万が一の際に備えて持っておくことができるので安心です。
事前に購入しておけば、万が一のことが起こった場合でもすぐにアフターピルを服用することができるので、避妊に成功する確率も高くなります。

アフターピルが売っている通販サイトの探し方

アフターピルは常用するものではないため、必要になったときに必ずしも手元にあるとは限りません。
避妊効果をきちんと得られるようにするためには何時間も経ってからよりも、できるだけ早いタイミングで服用することが望ましいです。
アフターピルは72時間以内の服用であれば間に合うと考えられています。
その間に処方してもらうため産婦人科を受診しなければならなかったり、通販サイトを使って購入しても届くまで待たなくてはいけなかったりするためすぐに使うことはできません。
そこで、何かあったときに慌てないためにも、アフターピルは少量で良いので予め通販サイトで購入して手元に持っておくことが大切になります。

もしも持っていない時に避妊に失敗してしまった場合、通販でアフターピルを購入する場合に大切なことは何よりも間に合うタイミングで手元に届く通販サイトを見つけることです。
個人輸入代行の通販サイトで一番ネックになるのは時間がかかってしまうことで、一般的には届くまで5~10日ほどかかります。
これではアフターピルは間に合いません。
通販サイトを探す時は、即日発送など出来る限り早く届けてくれるところを探す必要があります。

間に合うように購入しなければなりませんが、そこで売られているアフターピルが信頼性のあるものかどうかも重要です。
中には偽物の薬が売られていることがあるため、他店と比べて明らかに価格が安い場合などは注意が必要になります。
通販サイトの内容をよく読み、全て正規品保証という記載があるものを選びましょう。

また、注文したアフターピルが届けられないという詐欺にあわないために完全配送保証がついていると更に安心です。
これは、その名の通りきちんと配送することを保証するものとなります。
このような手間をかけ、不安な気持ちで届くのを待つような事態を避けたいものです。
通販で買うことができるアフターピルは余裕のあるときにゆっくりとサイトを見極めて信頼できるところから購入し、持っておくことをおすすめします。